カフェインレスのお茶と紅茶は、妊娠しても授乳中の方も子供も安心して飲めます

妊娠しても授乳中の方も子供も安心して飲める!
妊娠しても授乳中の方も子供も安心して飲める飲み物です!

眠気覚まし・集中力アップ(覚醒作用)、偏頭痛緩和の作用があるカフェインですが、
毎日飲む健康茶には、当然入っていないほうが望ましい成分です。

カフェインは、コーヒーやコーラ、緑茶、紅茶、ウーロン茶、ココア、チョコレート
さらには、栄養ドリンクなどにも含まれています。

多くのお茶に含まれていると考えていい成分ですが、
含まれていないお茶や紅茶の製品もありますし、昨今の健康意識の高まりで人気も出てきました。


お茶や紅茶に含まれるカフェインは、カテキンやタンニンと結びつくため、その効果が抑制されることから、
コーヒーを飲んだような興奮作用は弱く緩やかに作用します。

お茶の主成分は、カテキン、カフェイン、ビタミン類、サポニン、アミノ酸であるテアニン等の成分を含んでおります。
紅茶の主成分は、タンニン、カフェイン、ビタミン類、アミノ酸等の成分があります。

お茶や紅茶には、カテキンやタンニンといったポリフェノールが入っているということで、
健康にいいというのは、有名ですね!

さて、お茶や紅茶に含まれる、カフェインには、自律神経を興奮させる作用や、覚醒作用、利尿作用、 疲労回復作用、
消化促進作用などがあります

お茶や紅茶の含有量は、コーヒーに比べて少なく、およそ3〜5分の1となります。

緑茶のカフェイン含有量150ml辺りの換算で、26〜30mg含まれております。
紅茶は 28〜44mgの含有量
コーヒーは60〜180mgの含有量
さらに、コーラは 15〜24mgの含有量となっております。

やはり、体質的に敏感な方、妊娠中の方、授乳中の方、
小さなお子様など(子供の場合は、特に寝る前に飲ませると寝つきが悪くなるなどの影響があります)は、
カフェインの含まれていないお茶や紅茶を飲まれてみてはいかがでしょうか

現在では、健康意識の高まりで、
コーヒーを筆頭に、お茶や紅茶でもカフェインレスを飲む!という方が増えております。

お茶や紅茶のお勧めの商品をご紹介いたします。

妊婦さんも飲める、ハーブティー!
AMOMAマタニティブレンド
妊婦さんも飲める、ハーブティー!
新着情報

2012年05月05日 ホームページを更新しました。
2012年03月20日 ホームページを更新しました。
2012年02月20日 ホームページを更新しました。
2012年01月20日 ホームページを更新しました。
2012年01月01日 ホームページを更新しました。
2011年12月28日 ホームページを更新しました。